日本歯科衛生士会

ENGLISH

TOP » 日本歯科衛生学会のご案内 » 演題応募要領

演題応募要領

演題応募要領

日本歯科衛生学会第12回学術大会 会員発表演題登録について

演題は、オンライン登録システムから受け付けます。演題登録および抄録作成は、以下の要領でお願いいたします。
ご不明な点については、学会事務局までお問い合わせください。
なお、第12回学術大会は、平成29年9月16日(土)~18日(月・祝)に、きゅりあん(品川区立総合区民会館)において開催いたします。

1.概要

  1. 演題の代表演者は、日本歯科衛生学会会員(学生会員含む)に限ります。共同演者は、その限りではなく、会員外の方でも可能です。ただし、演者数の上限は10名です。
  2. 登録期間は平成29年3月1日(水)から4月14日(金)正午までです。締切日の直前はアクセスが集中しますので、早めの登録をお願いいたします。また、締切日を過ぎると、登録画面は使用できなくなります。
  3. 発表の内容は、本学会および他学会で発表済みあるいは発表予定でないものに限ります。
  4. 発表形式は、口演発表とポスター発表の2種類です。
  5. ◆口演発表: 発表時間は8分、質疑応答時間は4分です。PCとプロジェクターは備え付け1台のみ使用できます。データはPower Point(Windows)で作成し、平成29年8月10日(木)から8月25日(金)の期間に、演題データアップロード専用ページにデータをアップロードしていただきます。専用ページのURLは、後日お知らせいたします。
    ◆ポスター発表: ポスター討論の時間に、発表者はポスターの前に立ち、質問や討論に応じてください(座長は就きません)。ポスターの展示および撤去は、発表者に行っていただきます。展示方法やサイズは、後日お知らせいたします。
  6. 演題の抄録は、平成29年8月発行予定の日本歯科衛生学会雑誌 Vol.12 No.1に掲載します。

2.学術発表賞の公募について

今回も、学術発表賞候補演題の公募を行います。学術発表賞の種類、応募方法および審査基準は以下のとおりです。

  1. 口演発表賞
    対  象:口演発表演題
    応募方法:「学術発表賞の応募の有無」の項目で「応募する」を選択してください。
  2. 審査基準
    ① 演題(テーマ)の着眼点が先駆的で独創性があること。
    ② 歯科衛生分野の発展および業務の向上に貢献できる内容であること。
    ③ 研究デザインが適切であること。
    ④ 研究の成果が理解しやすいプレゼンテーションであること。
    ⑤ 質疑応答が簡潔かつ適切であること。
    ⑥ 総合的な観点から優れていると認められること。
  3. ポスター発表賞
    対  象:ポスター発表演題
    応募方法:「学術発表賞の応募の有無」の項目で「応募する」を選択してください。
  4. 審査基準
    ① 演題(テーマ)の着眼点が先駆的で独創性があること。
    ② 歯科衛生分野の発展および業務の向上に貢献できる内容であること。
    ③ 研究デザインが適切であること。
    ④ ポスターにより研究の成果を理解しやすいようまとめられていること。
    ⑤ 総合的な観点から優れていると認められること。
  5. 学生研究賞
    対  象:学生会員または平成28年度に学生会員であった会員
    対象研究:歯科衛生士養成機関在学時に行った研究に限る。
    発表形式:ポスター発表に限る。
    応募方法:「学術発表賞の応募の有無」の項目で「学生研究賞に応募する」を選択して
         ください。
  6. 審査基準
    ① 研究プロセスが明確であること。
    ② ポスターにより研究の成果を理解しやすいようまとめられていること。
    ③ 歯科衛生活動の発展に貢献できる内容であること。
    ④ 総合的な観点から優れていると認められること。

3.演題応募方法

  1. 下記「第12回学術大会演題登録」専用ページを開き、パスワード、氏名およびメールアドレスを登録してください。その際に発行される登録者番号と登録したパスワードは、登録内容の確認や修正を行うときに必要ですので、必ずお手元に控えてください。
  2. 画面上の項目にしたがって、必要な内容を入力してください。
    【必須項目】
    発表形式/分類/タイトル(サブタイトル含め全角44文字以内、英文は半角英数字15ワード以内)/代表演者および共同演者の氏名・所属・会員番号/キーワード(3~5語以内)/本文(600文字以上750文字以内、図表は掲載不可)/代表演者連絡先/学術発表賞(応募の有無) 【注意事項】
    ※タイトルは、内容がひと目で把握できるように、具体的なものにしてください。
    ※タイトルに、病院名、学校名、商品名等の固有名詞(当院、当施設を含む)および略号を使用しないでください。(当院→病院の規模がわかる記載にしてください。某中規模病院等)
    ※所属には、勤務先を入力してください。複数の勤務先がある場合は、主要な勤務先を1ヵ所入力してください。勤務していない場合は、所属歯科衛生士会を入力してください。
    ※学生の場合は、所属に学校名・学科名を入力し、最後に「学生」と明記してください。
     また、会員番号は、学生会員証の番号を入力してください。
    ※「代表演者連絡先」は登録後の事務局からの連絡先となりますので、正確にご入力ください。
     特にメールアドレスの入力は、お間違えのないよう再確認をお願いします。
  3. 入力が完了したら、一番下の「登録」ボタンを必ず押してください。その後、登録していただいたメールアドレス宛に、登録完了確認メールが送信されます。登録後1~2日経ってもメールが届かない場合は、正常に登録されていない可能性がありますので、学会事務局までお問い合わせください。

4.本文の入力方法

  1. 以下の4つの段落に分けて記載してください。
    【目的】【対象および方法】【結果および考察】【結論】
    症例研究の場合は、【目的】【症例の概要】【経過および考察】【結論】
    ※入力時は、段落名も文字数に入りますのでご注意ください。
  2. 使用文字についての注意点
    (1)数字と英字は半角で、カタカナは全角で入力する
    (2)上付き文字:前後を<SUP>と</SUP>で囲む
    (3)下付き文字:前後を<SUB>と</SUB>で囲む
    (4)イタリック文字:前後を<I>と</I>で囲む
    (5)機種依存文字(コンピュータの機種固有の特殊文字)や㈱、㈲などは使用しない 
    (6)丸付き文字(例:①)、ローマ数字(例:Ⅰ)、単位記号(例:㎏)などは使用しない
    (7)ギリシャ文字(α、β、γなど)は全角で入力する
    (8)登録商標記号の®は(R)として入力する
      ※特殊文字は、上記のとおり入力してもプレビュー画面の表示に反映されない場合があり
       ます。その場合は、後日お送りする校正原稿にてご確認ください。

5.登録内容の確認と修正について

演題登録後は、受付期間内であれば何度でも登録内容の確認と修正が可能です。その場合は新たに演者登録をせず、登録時に発行された登録者番号とパスワードでログインして修正画面を開いてください。登録者番号とパスワードの照会のお問い合わせにはお答えできませんので、ご了承ください。
なお、登録いただいた抄録の校正原稿を代表演者連絡先に郵送いたしますので、ご確認のうえ、指定期日までに学会事務局宛にご返送願います。また、内容等について、学会で確認したうえで修正の依頼をする場合がありますので、ご了承ください。

6.演題の決定および通知について

演題の採否は、学会にご一任ください。決定内容は6月中旬にホームページに掲載する予定です。演題申込み時の発表形式および演題分類に関しては、ご希望に添えない場合がありますので、ご了承ください。
演題申込みから学術大会までの流れ
演題申込みから学術大会までの流れ

7.お問い合わせ先

〒169-0072 東京都新宿区大久保2-11-19 日本歯科衛生学会事務局
TEL:03-3209-8020 FAX:03-3209-8023 E-mail:メールアドレス
月~金曜日 9:00~17:30

CONTENTS

ページの先頭へ

©Japan Dental Hygienists’Association